古い教育と新しい社会に向けての教え

教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事 朝早く起きて夕方に帰ってくるという昔からの教育は、将来会社勤めをきちんとできるようになるための練習とも言えるでしょう。そして、自宅へ帰り限られた時間の中で友人と遊んだり好きなことをし、明日の学校に向けて早く寝ます。これは将来の会社勤めを想定したサイクルと言えるでしょう。では、お金を稼ぐ方法は果たしてそれだけなのでしょうか。違います。むしろ、お金を稼ぐ方法が会社勤めだという現実はすでに随分前から絶えています。

学校では国語、算数、社会、理科、その他諸々のことを教えてくれますが、唯一大人になって一番大切なお金の稼ぎ方は教えてくれません。外国にいてる大富豪達は、子供の頃にそのことに気付き、どうすればお金を稼げるかだけを考えて生きた結果大富豪になっています。子供が気づかないのであれば大人が教えてあげるべきです。教育が社会の流れについていけていないのが実情の中、大人にも子にも課せられたものは非常に重たいです。

Copyright (C)2018教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事.All rights reserved.