子供が小さい時に行う英語教育法

教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事 アメリカ人の赤ちゃんを日本人夫婦が育てたら、子供はきっと日本語を話すようになりますし、逆に日本人の赤ちゃんをアメリカ人が育てたら、英語を話すようになるでしょう。そこから言えることは、赤ちゃんは両親、周囲の環境から言葉を知り、話すようになります。決して本を読んで勉強することはありません。

では日本人の親が自分の子供を英語が話せるようにするには、日本語はもちろんですが、普段の生活の中で英語で子供に接すれば、子供はきっと英語が少しずつ話せるようになるでしょう。親は少し大変ですが、家庭内でのちょっとした工夫必要です。

家庭内の工夫としては、子供との挨拶を英語にしたり、簡単な会話を英語で行うのもよいかもしれません。また、アニメなどを英語で聞いたりします。ネットで初心者向けのアニメ、教材がありますし、絵本もあります。英語の絵本を読み聞かせしたりして子供だけでなく、親も一緒に学ぶことで子供も一緒に勉強できるでしょう。英語教育としてかしこまったことをするのは学校に入ってからでも間に合います。まずは、英語を嫌いにならない、日本語と一緒に聞き流せるのがいいでしょう。

Copyright (C)2018教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事.All rights reserved.