部下の教育にはしっかりと目標を持たせる事が大切です

教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事 会社に入り年数が経つと役職が付くようになり、部下を持つようになります。今までは上司や先輩社員からの指導や教育を受けて仕事を任されてきた中で、役職が付くと今度は今までと立場が変わります。今までは部下の一人でしたが、今度は部下を持つことにより責任が生じます。部下の責任は上司の責任でもあるからです。その為、部下の教育にもしっかりと注力しなければなりません。そこで部下がしっかりと育つためにも、部下それぞれの性格を踏まえたうえで目標をしっかりと持たせる事がポイントです。

部下へしっかりと目標を持たせる事で目標までのプロセスを考えさせるようにするのが大事です。漠然とした目標ではそこまでのプロセスがわかりづらくやる気も維持しづらくなる為、抽象的な目標ではなく具体的な目標を持たせるようにします。この具体的な目標とは、まずは教育者が明確な着地点を持っており、この着地点をしっかりと伝える事です。そして、部下へこの着地点を目指すためにはどのように目指していくか、もしくはどのようにして欲しいかを伝えます。そして、部下はどのようにすれば良いのか考え、取り組み、経験値を積み育っていきます。

Copyright (C)2018教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事.All rights reserved.