社会のルールを子供に教育する前に

教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事 社会のルールは、子供が小さいうちからきちんと教育しないといけません。しかし、子供に教育する前に、まずは自分自身がルールを守っているかどうか見直しましょう。大人だからルールが守れると言うわけではありません。たとえば、交通違反をする大人は非常に多いです。交通ルールを守れと子供に教育するのに、自分が交通違反をしていては説得力がありません。子供は親を見ています。自分がルールを守れていなくてはいけません。

また、子供に社会のルールを教えるときは、なぜ守らなくてはいけないのかを、子供が納得できる言葉で伝えることが大事です。ダメなものはダメと言うのでは、子供にはきちんと伝わらないと言うことを頭に入れておきましょう。たとえば、子供がウソをついた場合、ウソをつかれた相手は悲しいと感じていると言うことを伝えることです。そうすると、子供は自分のルール違反が与えた影響を自覚できます。ルールを守ることの必要性が分かると言うわけです。

Copyright (C)2018教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事.All rights reserved.