子供の教育と才能の活かし方

教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事 大人の社会でよく言われていることは、才能がある社会人はたくさんいるが、その能力を発揮できる地位にいる人は少ないというような言葉です。適材適所ができていないということもありますが、本人の持っている才能を発揮する職場に最初から入れないということもあります。それは、本人の問題ではない場合もあります。しかし、その場合には一生を本来の天職ではない仕事で生きていくしかなくなります。たとえば、その職場が学歴が必要な場合に、親がそれを与えられなかった場合には子供は成功の可能性を封じられます。以前、友人に音楽家志望の人がいて、その人は家が貧しかったので大学には行けず高校で就職をしました。

しかし、その夢を忘れられずに経済的に余裕ができた時に、また勉強をしなおすということで音楽先生に教えてもらっていました。プロの音楽家にはなれないということでは、才能を職業としては活かすことはできませんでした。たぶん他の分野でも、あらゆる人たちが、その人の才能を活かすことができずに生きているのでしょう。本人の責任の場合もありますが、やはり親ができるだけ教育で助けることができるようになっていると子供も良い未来を得られます。

Copyright (C)2018教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事.All rights reserved.