子供の教育 中学生編

教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事 中学生にもなると、小学生の頃とは比べものにならないぐらい、子供の世界は広がっていきます。中学生は大人だから、家庭で教育することはもうないと言う親もいますが、まだまだ教育しなければいけないことはあります。子供が何をしているのか分からないと言うようなことではいけません。人間関係でマナー違反をしていないか、お金の使い方が正しいかなど、しっかり目を光らせましょう。ただし、中学生は微妙な時期です。距離の取り方は気を配らなくてはいけません。

放任はNGですが、近づきすぎるのもいけません。この時期は子供扱いされたくないと言う気持ちが強いです。なので、対等な立場で話す機会をつくるように心がけましょう。親の考えを押し付けるのはだめです。お互いの価値観を語り合ってみましょう。子供の成長にハッとさせられることもあるかもしれません。また、どんな時期でも子供がルール違反をしたときは、子供に対して過剰に失望しないことです。子供は発展途上の生き物ぐらいに考えるようにしましょう。

Copyright (C)2018教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事.All rights reserved.