幼児教育の必要性と人間関係

教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事 子供が大人になって社会に出ていく時に、社会の荒波に出会い、誰もが苦労をします。とくに若いうちは、本来の社会の様子を自分中心に見てしまうので、学生の延長線上のような精神のレベルで、色々な間違いを犯してしまったりします。社会の人生経験が長くなると、もっと若いうちに、誰かが教育をしてくれていたならと悔やんだりします。それは本来成長するための体験だったのでしょうが、やはり、良い教育者に出会えていれば、その人の人生も変わったかもしれないという悔いも残ったりします。

それで子供には、その苦労をさせたくないということで、必要な学習をさせたりします。同じ塾などの勉学でも良い講師に出会うと学力も上がり、人間性のレベルも感化を受けて高まったりします。しかし、できるならば幼児の頃の体験として幼児教育も精神的な影響という意味では非常に重要ではないかとも考えられます。とくに人間関係での体験は、良い人と出会うことに尽きます。それは人により違いますが、人間関係での基礎を情という面で体験ができるからです。幼い子供の場合には大人以上に重要かもしれません。

Copyright (C)2018教育を考えるのなら挨拶をできる子にする事.All rights reserved.